クレジットカードをつくろう! TOP > クレジットカードを持とう! > クレジットカードにはどんな種類があるの?

クレジットカードにはどんな種類があるの?

クレジットカードは大きく分けると、カード発行会社によるものと、メーカーや流通系・サービス等の企業と提携したものの2種類があります。
提携カードには、銀行系、信販系、流通系、メーカー系などがあります。
提携カードには年会費無料のものも多く、クレジットカードを利用することでたまるポイントも還元率が少し高めのことが多いです。
海外で使えるクレジットカードは、クレジットカードの発行会社によって可能なものとそうでないものがあります。
では、提携会社のクレジットカードは海外では一切使えないのかというと、そんなことはありません。
提携カードは国際的なブランドのカード発行会社が発行していますので、海外でも利用することができます。
提携カードを作る際、カード発行会社は数種類の中から選べることが多いです。
また、クレジットカードには「スコアリング」があります。
一般カードやゴールドカードは良く聞かれますが、めずらしいところではブラックカードがあります。
これらの違いは支払い限度額や保険内容、サービス内容です。
よほど必要がなければ一般カードが良いでしょう。
高いスコアリングのクレジットカードを持つことはステイタスになりますが、そのステイタスを必要としなければ年会費が負担になるだけかもしれません。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) クレジットカードをつくろう! All Rights Reserved.