クレジットカードをつくろう! TOP > クレジットカードを持とう! > クレジットカードの利用で多いトラブルとは?

クレジットカードの利用で多いトラブルとは?

クレジットカードに関するトラブルに巻き込まれる人が少なくありません。
最近しばしば発生しているのが「偽造カード」です。
カードの通信システムでカード情報を読み取り、偽造して悪用されるケースが増えてきました。
このようなトラブルを防ぐためには、まずカードの裏面に必ずサインをしておくことです。
暗証番号を作らずサインによって決済を完了するようにしておけば、ある程度悪用される機会を減らすことができます。
ただしこの方法は万能ではありません。
カード会社から請求書が届いたら必ず内容を確認するようにしましょう。
金額が多いときは特にしっかり手もとにある控えと照会し、不審な点があればカード会社に申し出ましょう。
必要があれば速やかに利用の差し止めをしてもらえます。
また、クレジットカードを紛失し、それを取得した人物に悪用されることもあります。
紛失に気づいた時点ですぐにカード会社に申し出ることが大切です。
カード会社の保障によっては利用していない金額は請求されないこともありますが、いずれにしても早く悪用されないよう利用の差し止めをしてもらいましょう。
よくあるトラブルとしては、高額な商品を売り込んできたお店や会社が「カードで支払えば」と勧めてくるケースです。
カードはあくまでも後払いのためのものですから軽くとらえてはいけません。
分割払いでも負担が大きくなることがあるので、必要な商品かどうか冷静に考えましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) クレジットカードをつくろう! All Rights Reserved.