クレジットカードをつくろう! TOPクレジットカードを持とう! >クレジットカードの使い方を覚えておこう。

クレジットカードの使い方を覚えておこう。

ここでは、クレジットカードの使い方を改めて整理しておきましょう。
クレジットカードはショッピングで、あるいはサービスの利用等でお金を支払う代わりに「先にカード会社から支払いますよ」という約束をするためのものです。
決済のとき、カードを提示して所定の書類にサインをします。
最近ではサインの代わりに暗証番号を機械に打ち込むシステムも増えています。
暗証番号を忘れてしまった場合はサインで決済をすることが可能です。
後日、カード会社から1か月分の明細と引き落とし日の通知が来ます。
カード発行会社に対しては、銀行口座またはゆうちょ銀行の口座から引き落とされることで支払われます。
ですから、カードの申し込みの際に引き落としのための口座を指定する必要があります。
引き落とし日の前日までに請求金額以上のお金を口座に入金しておかなければ「引き落とし不能」の通知が来ますので、必ず口座の預金残高を確認しておきましょう。
請求は月末締めの翌月以降の引き落としとなります。
時間の余裕があるので、どのような買い物で引き落とされたかを忘れてしまうこともあります。
まず請求書の内容をよく確認し、カード支払いの控えと照らし合わせましょう。
すなわち、カードを利用した際の控えも支払いが終わるまでは必ず残しておく必要がある、ということになります。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) クレジットカードをつくろう! All Rights Reserved.